結末が気になる【明日私は誰かの彼女】無料試し読みしてみた

こんにちは、斎藤です。
今回は
【明日、私は誰かのカノジョ】
です。
ネタバレ前に試し読みはこちら



主人公 雪は幼い頃から、
夢も希望も持たずに生きてきた。
小学校の時に書いた作文
「将来な夢」も偽りだらけ。


大学生になっても、
やはり偽りだらけ。
生活するために『代行彼女』の
バイトを行い、客の男の理想の
彼女を演じる。


雪は顔の半分から肩にかけて
火傷(のような)跡があり、
いつもは化粧でその跡を隠している。

その時の雪はすごい美人で、
いろいろな男から好意を持たれるが、
「どうせ顔が目当てでしょ。
私の何も知らないくせに」と
思っている。


雪の火傷は小学校の頃の何かが原因で、
それを思わせるシーンが、1巻最初の
ページからもうかがえる。



性格は大分歪んでいて、人から優しい
言葉をかけられても見下されてると
捉えるし、謝られても、だったら
最初からするなと考える。

しかし、それを相手には言わない。
「私がそれを言えば誰かが傷つく。
私が笑って流せばその場は済む」と
思っている。


非常に空気が読める。
だから、『代行彼女』のバイト中の
雪は別人の様な性格。
容姿が良く、性格が良いので、
ほとんどの客は雪に惚れる。



今回の依頼者は彼女がいると友人に
嘘をついて、ダブルデートすること
羽目になった辻荘太。

普通のマンガなら辻荘太、
いいヤツなんだろうが、
雪に感情移入して読んでいると、
辻荘太がウザい。

すまん、辻荘太。


雪は仕事なので(お金もらってるので)、
何があっても割り切っていたが、
時折見せる闇。

心の中は裏腹。腹黒。
しかし実際、人の本音か?

友人の彼女が突っかかってくる場面も
あったが、なんとか偽デートを終える。



翌日、予約したCDを取りに行った店で、
偶然、辻荘太に会ってしまう。
そこで辻荘太に化粧をしていない、
火傷の顔を見られてしまう。

雪は別人だとふりきるが・・・。


雪の心の闇と過去と、
人間のきれい事と本音が
刺さる漫画です。


興味のある方は、スマフォで
1巻試し読みやサンプル読み
できますので、よろしければ。

試し読みはこちら

BookLiveはこちら


試し読みとは?